海外旅行保険

Author Archive


特集:フィリピン王国

2012年03月07日 更新▲


IMG_2010 / Monica’s Dad

太平洋に浮かぶ7107もの島からなる、フィリピン。

この国には、多くのダイバーを唸らす碧い海と、愛を語るにふさわしいロマンティックな夕日がある。国内線で飛べば、未踏の自然も独り占めできる。澄んだ空を味方につけた、世界最強の楽園といってもいい。

しかし、ここは単なるリゾート地ではない。スペインやアメリカに統治された歴史は、絶妙なミックス文化を生み、アジア唯一のカトリック教国として敬虔な一面も持つ。この国の中にどんな表情を見つけるかは、あなた次第。フィリピンに何度訪れても面白い理由は、こんなところにある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どこまでも熱い!フィリピン人

2012年03月07日 更新▲


Mass at the Mall / Monica’s Dad

底抜けに明るく、ノリのいいフィリピンの人々。黙っている人を見ると不安なようで、「静かなるものは危険である」ということわざまであります。

お祭り好きなのはさることながら、最近では「世界でいちばん韓流好きの国」としても話題に。なんと国民の99%が韓流ファンらしく、その熱狂ぶりは半端ではありません!K-POPのステージがあると聞けば、たとえそれがコピーバンドのモノマネショーであっても大勢で詰めかけ、失神しそうな勢いで声援を送ります。

今回は、そんな熱きハートを持ったフィリピン人の日常に迫ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盛り上がる!「フィリピン・パーティー」

2012年03月07日 更新▲


Magandang tanghali. / mxmstryo

無類のパーティ好きで知られるフィリピン人。

ファミリーを大切にするという国民性もありますが、日本では考えられないような頻度で、誕生会やお別れ会など何かにつけ集まって騒ぎます。招かれた者同士が初対面ということもよくある話で、その後お互いに呼び合って「パーティの輪」がどんどん広がっていくのだとか。

パーティ費用は主役が全額負担するのが一般的なので、うっかり自分の誕生日を口にすると、大変なことに!!もちろん各自のお財布事情によって、会場はホテルやレストラン、自宅などさまざま。

でも、どれだけの人数が集まってくれるかは、主役の人気を測るバロメーターなんだって。大勢集まると嬉しいような恐ろしいような…。

そんなフィリピンに「ロングスティ」したくなったら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派手すぎる乗り合いバス「ジープニー」

2012年03月07日 更新▲


Manila – 7th day: Trip to Tagaytay / Roberto Verzo

フィリピンの街角で見かけるカラフルな車、ジープニー。これは元々、米軍の中古ジープを改造して乗り合いバスにしたもので、鉄道の発達していないフィリピンでは、とても重宝されています。

こだわりは、宣伝カーさながらの奇抜な塗装!誰よりも目立とうと、各車のオーナーが競い合っています。このジープニー、初乗り運賃は4~7ペソ(約7~12円)で、あらかじめ行き先が決まっています。乗車時は挙手、降車時には「パラ!」と叫んで停車してもらうのがお約束。運賃は降りる時に払います。

派手すぎて少し照れますが、ひとつとして同じデザインの無い”限定モデル”ばかり。あなたもジープニーに乗って、フィリピンの風景に溶け込んでみませんか?!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべらないお土産「OTAPオタップ」

2012年03月07日 更新▲

フィリピンに限らず、諸外国のスイーツといえば、「甘すぎる」という印象をお持ちの方が多いかと思います。そのため、お土産として持ち帰っても評判がイマイチ…ということもしばしば。

しかし、フィリピン・セブ島名物の「OTAPオタップ」は違います。見た目は楕円形のリーフパイで、砂糖もまぶしてありますが、とにかく甘すぎない!そして、パイ菓子にしては歯ごたえがあり、パリパリと硬めの食感です。シンプルでやさしい味わいなので、ぺろりと何枚でも食べてしまいそう。

白いパラフィン紙に数枚ずつ包まれているので、分けやすくて見た目もオシャレ。さりげなくティータイムに添えて、「あ、それ、セブ土産。」なんて言ってみたいなー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集:ベルギー王国

2012年02月28日 更新▲


Belgium Windmill / lrargerich

欧州の中心で文化の交差点として歴史を紡いできたベルギー。あまり目立つことのない国かと思いきや、EUの主要機関が集結し「EUの首都」という別名まである。

確かに、この国を知れば知るほど、その美食や芸術の感覚は突き抜けていて、いかにも“都”らしい。狭い国土に、ミシュランの星が輝くレストランが密集し、ダイヤモンドの世界的な取引拠点もある。更に「タンタン」や「スマーフ」を生んだ漫画の国であり、名作「フランダースの犬」の舞台という忘れ難い一面も持つ。そこには主人公のネロが愛したルーベンスの絵や、華麗としか言いようのないアールヌーヴォーの街並がある。

この完璧ともいえる美国ベルギーに、なぜかユーモラスな香りが漂うのは、街角に佇む「小便小僧」のしわざ。いつか旅する日には、この奥深い魅力を思う存分に堪能したい。

BrusselsPetitJulien / kathleena20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンド街に死角なし! ~アントワープの警備体制~

2012年02月28日 更新▲


Diamond World, Antwerp / James Cridland

ベルギーのアントワープは、ダイヤモンドの取引額が世界一の街です。

以前、テレビでも紹介されましたが、その額はなんと年間3兆円!!そのため、ダイヤ取引の専門銀行や鑑定機関などが並ぶ “ダイヤモンド街”には、物々しい警備体制が敷かれています。どのビルに立ち入るにもパスポートを要し、マシンガンを持った警備員や24時間体制の監視カメラが稼働。写真撮影もご法度なんだとか。

ところで、どうしてダイヤモンド産地でもないベルギーが、取引額世界一なのでしょう?

それは、ダイヤモンドの研磨技術を世界で初めて発明したのがベルギーだという歴史に関係しています。このためアントワープには、ダイヤモンドの歴史や製法を知ることができる「ダイヤモンド博物館」もあります。

うわさの警備体制を確認しつつ、ぜひ立ち寄ってみたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出会いはベルギー ~プラリネ&プラリン~

2012年02月28日 更新▲


Neuhaus, Rain of Stars / Breibeest

ベルギーチョコを語る上で欠かせないのが「プラリネ」の存在。プラリネとは、ナッツペーストにカカオバターなどを加えたもので、17世紀にフランスで開発されました。

このプラリネを世界で初めてチョコレートに詰めたのが、ベルギーの薬屋だった「ジャン・ノイハウス」です。このプラリネ入りのチョコレートは「プラリン」と呼ばれ、今や大半のベルギーチョコはこのタイプ。ベルギーには、このプラリン生みの親「ノイハウス」をはじめ、「ゴディバ」「ピエール・マルコリーニ」「ヴィタメール」など世界的に有名なチョコ店が軒を連ねています。ベルギー限定品も多数あり。

訪れたらぜひ食べ比べてみたいですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピュアが魅力。世界一厳格なベルギー基準

2012年02月28日 更新▲


Chocolatier Goosens. Behind The Scenes / EverJean

コロンブスがカカオ豆をスペインに持ち帰ってから500年余り。今やヨーロッパはチョコレート消費の大市場となりました。

EUでは1973年に100%カカオのものだけを「チョコレート」と定義。中でもベルギー・スペイン・フランスなどは、チョコレート材料に「カカオバター」以外の植物油使用を禁止してきた“純粋派”です。

のちにEUが条件付きで植物油使用を認めたものの、ベルギーは依然としてこのポリシーを崩していません。美食の国ベルギーでは、素材や手作り感を重視することでも有名。

この信念が、世界一と呼ばれるチョコレートの味にも直結しているのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外旅行保険  60日前から申込みOK!(当日もOK)24時間受付 海外旅行保険のお申込みは簡単!10分で契約完了。忘れない今のうちにお申込みください。
お申込み
海外旅行保険お申込み
ページの先頭に戻る
RSSリーダーで購読する